Back to Top

NEWS

昨年は、私の尊敬する脚本家、早坂暁先生の最後の作品「春子の人形」に出演させていただきました。

この作品は、私に俳優として出来ること、自分は誰のために、何のために演じるのかということを深く考える機会を与えてくれました。
制作関係者の皆様をはじめ、日々支えていただいている全ての方々に感謝の思いでいっぱいとなる一年でした。

昨年、撮影を終えて公開を控えている出演映画もございます。
スクリーンを通して皆様にお会いできることが今から楽しみです。

新たな一年、
人と交わりながら人生を生きること、時を重ねることを学び、失敗を恐れず、常に前進し続ける俳優でありたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

中西美帆

Posted in: News